2015/03/23

VMServerオレオレSSL証明書

開発専用VM環境でHTTPS通信テスト環境を作りたかったのでその時の対応メモ。
備忘録で残します。

環境

CentOS:6.5 デフォルートインストール

キーペア作成

cd ~/
mkdir ./oreore_ssl
cd ./oreore_ssl
openssl genrsa 2048 > server.key
openssl req -new -key server.key > server.csr
全部空欄エンターでOK
openssl x509 -days 3650 -req -signkey server.key < server.csr > server.crt

キーペア配置

rootで操作

mkdir /etc/httpd/conf.d/ssl.crt/
mkdir /etc/httpd/conf.d/ssl.crt/
cp ./server.crt /etc/httpd/conf.d/ssl.crt/
cp ./server.key /etc/httpd/conf.d/ssl.key/

Apache:mod_sslインストール

sudo yum install mod_ssl

Apache設定

vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf

ssl.confの中身

最後に再起動

/etc/init.d/httpd restart

アクセスしてみたところ

当然警告が出ます、危険性を理解してアクセス的なものを選択
oreore_ssl_ss0

証明書を確認したところ

oreore_ssl_ss1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JavaScriptを有効にしてください。
あるいは下記手順で投稿できます。
1.「トークンコード取得」を押すと枠内にトークンコードが表示されます
2.表示されたトークン文字を「投稿確認トークン入力」へ入力します

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">