2015/01/06

WordPress-公開範囲の選択肢「パスワード保護」非表示対応

WordPressの標準機能で用意されている記事の公開範囲設定。通常だと管理画面の記事編集時に「公開」「パスワード保護」「非公開」の3つからラジオボタンで選択するUIが用意されている。
ある案件でパスワード保護の投稿は使わないので非表示とする対応を行った。
その時の対応備忘メモ。

フック関数 admin_footer でJavaScriptコード出力を追加で非表示とする。

UI的に消えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JavaScriptを有効にしてください。
あるいは下記手順で投稿できます。
1.「トークンコード取得」を押すと枠内にトークンコードが表示されます
2.表示されたトークン文字を「投稿確認トークン入力」へ入力します

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">