2014/07/16

Cocos2d-x 3.2 RC0 ことはじめ

はじめに

Cocos2d-x V3RC0 環境を新規にMacOSに作る機会があったので手順を備忘メモ
本人がよく忘れるので (-o-;

基本的に参考ドキュメントをみながらつらつらと進めただけです。
(参考ドキュメント)
公式:How_to_Start_A_New_Cocos2D-X_Game
cocos2d-x-3.2rc0.zip解凍後の
cocos2d-x-3.2rc0/README.md
とか
cocos2d-x-3.2rc0/docs/RELEASE_NOTES.md
を参考にしました。


cocos2d本体の展開

公式サイトから cocos2d-x-3.2rc0.zip をダウンロード
各種ファイルの配置について公式ドキュメントはユーザーホーム直下(~/)に置くパターンで解説してくれているがホーム直下だと乱雑になって嫌なので、~/SpDev/ に配置しました。

シンボリックリンクにしておく。

  • シンボリックリンクにしている理由は後々バージョンを上げる時に環境変数をいちいち変える事なくシンボリックリンクの切り替えのみで対応できると嬉しいな。という願いを込めて。

初回の環境設定。とりえあずiOSの動作確認が簡単なのでAndroidの環境変数は後で設定することとして
セットアップは全部そのままリターンでスキップ

マイプロジェクト雛形生成

今回、検証用にSandBoxという名前のアプリを新規作成してみます。
/SpDev/ProjCocos2dxV3/ の位置に
SandBoxディレクトリが作成され配下にプロジェクト雛形ファイル一式が吐き出されます。


cocosコマンドからのiOSシミュレータ実行

祝:iOSのシュミレータが勝手に立ち上がりエラーなく動きました。

xCodeからのiOSシミュレータ実行

xCodeで ~/SpDev/ProjCocos2dxV3/SandBox/SandBox.xcodeproj
を開く
(プロジェクトを開くのに結構時間かかる)
実機を接続。選択して、再生実行。コンパイル
‘No maching code signing identity found’
とWarningが出る(プロビジョニングファイルの件で怒ってる模様)
“fix issue”ボタンを押せば解消。

祝:xCode経由でも実機ならびに、iOSシュミレータでもエラーなく動きました。


Android用の環境準備

次にAndroid用の環境を用意。ちょと手数が多いけれどやっている事は難しく有りません。
必要ファイル群の配置と環境変数の設定だけです。

(参考) 
公式:How to run cpp-tests on Android
公式:How to Build an Android Project with Eclipse

+環境要件

A Supported OS (Ubuntu 12.10+, OS X 10.7+, Windows 7+)
Cocos2d-x v3.0 (https://github.com/cocos2d/cocos2d-x/)
JDK/SDK 1.6+
NDK r9d+
Apache Ant
Python 2.7.5

必要ファイルの配置

まず、ディレクトリを新規作成

ADTをダウンロード

http://dl.google.com/android/adt/22.6.2/adt-bundle-mac-x86_64-20140321.zip

unzipすると2つのディレクトリがあるのでシンボリックリンクを作成

~/SpDev/eclipse/Eclipse.app を起動
初回起動でワークスペースを聞かれるので、、、
~/SpDev/workspace ディレクトリを新規作成
~/SpDev/workspace を選択
新規にプロジェクト作成する?といった趣旨のダイアログがでるがとりあえずキャンセルして閉じる
上部のAndroidSDKManagerアイコンをクリックしダイアログを表示させる。
Tools と APIを適宜選択してインストールしておく。
私は、toolsと最新のAPIを選択しインストールしEclipse再起動。

、、、ところがSDKバージョンを新しくしなさいと怒られたので結局
adt-bundle-mac-x86_64-20140702.zip をダウンロード
シンボリックリンク切り替え

+ハマリ備忘録

最初AndroidSDKManagerでtoolsを未選択でインストールしなかったら
AVD Managerで新規Device作ろうと、
「Create new Android Virtual Device (AVD)」ダイアログの
入力したがOKが CPU/ABIが’No systemimages installed for this target’
になっていて「OK」ボタンが押せない。
AndroidSDKMangerから Toolsを全部いれたらなおりました。

NDKをダウンロード

(常になるべく最新のものを使う)

https://developer.android.com/tools/sdk/ndk/index.html

私が作業した際には,android-ndk-r9d-darwin-x86_64.tar.bz2 が最新でした。
~/SpDev/AndroidDev/ の配下へコピー
tar zxvf android-ndk-r9d-darwin-x86_64.tar.bz2 で解凍(結構時間がかかりました)
シンボリックリンクを作っておく(バージョンがあがった際の作業が楽になるといいな)
ln -s ./android-ndk-r9d android-ndk

Javaのバージョンを確認

java -version

phythonのバージョンを確認

python –version

antのインストール

公式ドキュメントでは、brewを使って入れる例が書いてありましたが、私の環境MacPortsがすでにはいってるのでportsでいれました。

確認(Build failedと表示されていればOK`)

環境変数の設定

としておき

で目視で確認。
問題なければ

cocosコマンドからのAndroid実機実行

あらかじめAndroid端末をUSBで接続しておくこと

祝:Android実機エラーなく動きました。

EclipseからAndroid実行

でAndroid用のコンパイルを済ませておく。

Eclipseを開いて空のプロジェクトに対して
PackageExplorerで右クリック(このときPackageExplorerは空っぽ)
Inport..を選択
Android>Existing Android Code Into Workspase

~/SpDev/ProjCocos2dxV3/SandBox/proj.android/
~/SpDev/ProjCocos2dxV3/SandBox/cocos2d/cocos/platform/android/java
をインポート
でOK

祝:AVDシミュレータ、実機ともに動きました!

うごいたよ。楽しい。。。

関連記事

Cocos2d-x 3.2 Final ことはじめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JavaScriptを有効にしてください。
あるいは下記手順で投稿できます。
1.「トークンコード取得」を押すと枠内にトークンコードが表示されます
2.表示されたトークン文字を「投稿確認トークン入力」へ入力します

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">